5つの安心

価格への徹底した努力で地域ナンバーワンの品質と価格を追求

井上隆弘 / (株)日本の心 部長

優れたコストパフォーマンスの舞台裏にあるものとは

入社して13年になります。この業界は、お客様にとり知らない部分が多い世界です。ですから、なるべく粗相がないように、出来る限りの知識は得てきたつもりです。この仕事のように、商品を配達した時に、「ありがとう」と必ず言っていただけるような販売業は他にはないと思っています。そうした感謝の言葉をいただける商材を扱っていることを、とても嬉しく思っています。

どの企業でも、損益分岐点があります。それを超えて利益を上げていくことは、どの企業でも同じだと思うのです。例えば、当社では店内の什器は、買ってしまえば一番簡単ですが、私どもが手づくりで作っています。ホームセンターに行って、一枚千円くらいのフローリングボードを買って貼っているのです。お金をかければ簡単に済んでしまうところを、出来る限り自分たちで手を加えてやっています。当然そうした積み重ねが経費になり、お仏壇の価格に乗ってしまうのですから、そうしたことは徹底した形でやらせていただいています。

信頼できるパートナーとの協力関係がもたらすもの

「日本の心」では、お仏壇の価格だけを追求しているわけではありません。安心して仕入れが出来るメーカーさん、安心してパートナーが組めるメーカーさんを選別していくと、日本で沢山あるメーカーさんの中でも数が限られてきてしまいます。「日本の心」では、そういったメーカーさんとお付き合いさせていただくことで、クレームがあったり、不具合があったりして対応させていただくということが、かなり少なく済んでいるのです。

そのような積み重ねが結果的に、お客様に安く提供できるということにつながるのです。安価な物を沢山仕入れているという訳ではなく、良い物を仕入れているので、リスクの部分を軽減して、体制を組めていると思っています。当然、パートナーを組ませていただいているメーカーさんですから、多くのお仏壇を取引させていただくことになります。そうすることで、あちこちで浮気して取るよりも、一流の商品が他のお店さんよりも安く入っているのかなと思っています。

今はまだ、社員に負担がかかってきてしまうことはあります。それを、今後は会社の規模を大きくしていくことによって、さらにシステム化して、お客様に還元していくことが出来ると思います。ですから、より従業員のチームワークを良くして、新しい事業を開拓して行きたいと思っています。「日本の心」という会社は、社員が経営者感覚という気持を共有している会社だと思います。社員が主役になれる会社だと思っています。

前のページへ戻る